« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ハーフタイムの朝焼け

おめでとう!

サムライジャパン決勝トーナメント進出!

早起きしてよかった~♪

1006241

1006242

| | コメント (3) | トラックバック (0)

咲き始めました

100625

ねじり花。

下から順番に咲くようです。

響さんとの最終回の朝に、咲いてくれるなんて!

空気読んでる~笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

修学院離宮

お蕎麦屋さんから歩いて25分程で

修学院離宮に到着しました。

天気予報がうまくはずれて、

時折晴れ間も。。。

蒸し暑いのはガマンガマン。

湿度が高い分、緑が映えてキレイです。

初めての修学院離宮は、

まずその広さに驚きです。

下、中、上の離宮を松並木が結んで、

田畑が広がって、説明によれば、

16万五千坪だそうです。

宮内庁の管理で、写真撮影はご法度か

と思いきや、いくらでもどうぞ、と

おっしゃったのも驚きました。

では遠慮なく。。。パシャ。パシャ。

Dsc08833

上離宮の浴龍池。 誰もがカメラをむける、撮影ポイント みたいです、笑。 パンフにも同じ構図の写真がありました。

Dsc08779

私達の回で30人くらいの参観者でした。 案内していただくコースは、 随所に門があって、先頭の係の方が カギを開けて、全員が通過したら、 最後尾の係の方が鍵をしめる。 だから列が長くならないように 前の方に続いてサッサッと歩きます。

Dsc08785

その昔は畦道を、離宮から離宮へ

歩いたとか。

明治天皇が来られたときに、畦道を

歩いて頂く訳にはいかないというので

馬車が通れる広さの松並木が作られた

そうです。

Dsc08799_2

中離宮への松並木から、

上離宮への松並木を望む。

段段の田畑も、敷地内ですて。

1時間半の案内コースは、

約3キロの道のりでした。広さと、

隅々まで行き届いたお庭と、

趣向を凝らした建物の数々。

両親も大満足のようでした! 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

蕎麦切塩釜

両親が京都に様子を見に来てくれました。

せっかくなので観光をということで、

今回は、事前に申し込んでおいた、

修学院離宮へ。

参観を許可された指定時間は午後1時半。

ではまず腹ごしらえです。

叡電修学院駅近くの「蕎麦切 塩釜」。

「おいしいよー」という評判を聞いて

行ってみました。

0A4A0D3E-91A9-41E9-A8B3-E70DB67492C4

89012000-FD10-4A23-B29F-02E4C2BD6FA2

1000円前後で、こんな定食がいただけます。

写真は、親子丼と冷たいかけそばのセット。

71A05674-3123-4FFA-A228-9BE4FAD5DA9E

こちらは、天丼と冷たいかけそばのセット。

くふー、満腹ー。

そばも丼ものも美味しくて、

ボリューム満点で、かなりいい!お得感でしたよ。

さて、ではカロリー消費のため歩いて、

修学院離宮を目指します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

捻り花の夢

837CF002-F8C0-485B-AE6C-FB31237EB4B6

ベランダの捻り花の証拠写真です笑。

ちょっとわかりにくいですが、

花芽が3つ。

また成長をリポートしますね!

歌手やっちゅうねん!響竜也さんの

「捻り花の夢」もよろしく!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

佐藤錦ジャム

番組ゲストでもお馴染みの、
伏見は納屋町商店街にある石黒商店さんで。
さくらんぼ!
「佐藤錦」が意外にも安かったので、
即決で買い求めました。

我が家では今年初物のさくらんぼ!

CB184F1C-731D-4591-8762-E82AE59AB049

一粒ふた粒はそのまま口に。。。
甘酸っぱいー。美味しいー。

贅沢にジャムにすることにしました。
ジャムぐらい皆さん作らはると思いますがー、写真をとったので作り方を載せてみますとー。

まず洗って水をふき取り、軸をとります。ひゃ~、宝石みたいーでキレイー。

BA7EB4BE-D8D1-471A-B04D-CD060C5AC094_1

宝石より好きです笑。
半分に割って種を出してホーロー鍋へ。
(10年以上の愛用鍋。もうホーローがハゲててダメなんですが、捨てられないんだなあーこれが)
そしてレモン汁と砂糖をまぶしたら。。。

0653B1B8-E44B-4281-9B04-B487BF8BF50E

ここからが私のジャム作りのポイント。
しばらく放置します!
砂糖と馴染んで、果物から水分がしっかり出てきます。
放置して水分を待つ!
らくらくの、でもこだわりのポイントです。

30207847-098D-474A-996F-61BBF799E716

15〜20分もすれば。
こんなにたくさん水分が。。

そして初めて火にかけます。

あとはもう弱火で10〜15分もすれば、煮詰まり始めて出来上がり!
熱いうちに瓶に移して、フルーツソースのような、とろとろジャムの完成です。

0D0EE929-0437-4AA5-851F-1B5695026437

HANUMANというのは
たまたまうちにあるマンゴスチンのリキュールです。
瓶の煮沸の替わりに、このアルコールで消毒代わりにすると、砂糖少なめのジャムでもカビ知らずで、長く保存できて重宝していま~す。

なはは。

ちなみに、いま朝食に出してるジャムは、

EF0C1E92-9752-442B-9EEC-06CEFFAA8BAE

いちご。
と、
キウイ&リンゴ。

明日からはさくらんぼも追加!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

168円

今日番組で話題になった「はたき」

ホームセンターでやっと

見つけました。


0D538A3B-3C3C-452F-9A2C-8CEC510A080D

黒い竹の柄に、派手なピンクの布。

168円ですて。

なにやら縁起のよさそな名前の商品

のよう。

314F8327-AA52-4D74-B6EB-9AC87AF77181

ほうきや、今風の使い捨て◯ ◯ワイパー

の間に、細ーく、小さーくなって、

「今頃、すいませんね置いてもろて」

みたいに申し訳なさそうに居た

はたき。

可愛く見えてきますね、笑。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

コーラスライン

劇団四季のミュージカル
「コーラスライン」を見てきました!

四季のミュージカルには珍しく
セットも衣装も超シンプル。
それだけにかえって難しい、高度な演技や歌、踊りが求められるんだろうなあーと感心しきり。
役者さんが一列に並んで息ピッタリに踊る「ワン」。
これかー!
その場面だけで充分トリハダものでした。

C64499C8-F2B5-40E3-BAF0-BDD854AC06AA

ミュージカルのあとは、
八条口みやこみちの東洋亭で。
3時から5時までのとってもお得な
アフタヌーンランチを。

3F030806-752F-4ACB-A99A-BE5528B3F8DB

トマトサラダに。

9F709953-BA98-432B-9ED8-B46922A5C327

東洋亭ハンバーグとライスに。

032AD886-3BD1-4087-A7E3-04B62CD73EE5

コーヒー付。
そして100年プリンも追加。
あーぜいたく。
なんのご褒美だ??

| | コメント (7) | トラックバック (0)

肉付きの良い。。。

夏らしい日射しを浴びて、
我が家の多肉植物がやる気マンマンです。

母から譲り受けた一鉢から始まって、
植え替え、株分け、さし芽、をして、
いまはこんなに増えました。

1F841863-79BA-4A9C-9750-FA1E00CDEF43

黒法師、白牡丹、黄麗、朧月、
新玉つづり、虹の玉、白絹姫、月美人

みんな、なんていい名前なんでしょ!

多肉植物  。。。

砂漠周辺など、乾燥した厳しい環境のもとでも生きのびるために、水分を、葉や茎や根に蓄える機能をもった植物の総称ですて。

その強さ!生きる力!
パワーもらってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スタジオを見たことがない人のために

「845のスタジオを
見学したことがありません。
だから想像を膨らませながら
ラジオを聴いています。」

そんなお便りを頂きました。

ならば!と

Aスタジオの一部分をご紹介。

C40346B2-8C9B-47EA-B7E3-FC9FFF1D2F35

ミキサーさんの目線でどうぞ。

テーブルの赤いマイクが1番マイク。

朝の番組「とんとんモーニング」なら

まりちゃんや私が座る席。

対して黒い二番マイク。

とんとんでは、

梶西さん、小崎さん、秋本さん、小杉さんが

座る席でーす。

最近の私のリラックスタイムは。。。

2AB90744-83F5-4A18-A120-69AFB5ADCEAC

勤務時間を終えて、

カルチャー教室が空いていれば、

その片隅にマットを敷いて、

産婦人科で習ったストレッチをして

腰を伸ばしています。

ヨガマットのようですが、

これ、キャンプで愛用している

スリーピングマット。

これとシュラフ(寝袋)があれば、

どんな凸凹なとこでも安眠できます笑。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »